mugi chan
会社員が仕事と子育ての隙間時間で、資格取得を目指すブログ
Uncategorized

簿記2級学習記録(22/03/14~03/20)

会社員の私が、簿記2級合格に向けた
学習記録を紹介します。


1、勉強時間・内容
(1)勉強時間(各週実績)
03/14-20 合計28時間(内休憩210分)
※子供達の起床時間で若干短くなったりしてます。

(2)学習内容
通信講座を受講(クレアール)
必要なもの
・パソコン
・筆記用具、電卓
・テキスト(クレアール支給)
・ノート

(3)学習実績
2級簿記に関する講義視聴(商業61・工業52単元)
※1単元平均35分
(最小13分〜最大52分と振れ幅があります)
03/14 15-19単元視聴(工業・2倍速)
03/15 20-24単元視聴(工業・2倍速)
03/16 24-29単元視聴(工業・2倍速)
03/17 29-34単元視聴(工業・2倍速)
03/18 34-37単元視聴(工業・2倍速)
03/19 37-40単元視聴(工業・2倍速)
03/20 41-43単元視聴(工業・2倍速)

(4)学習時間帯
2:25-6:25(240分※)
(多少時間の前後あり)
※50分学習毎に10分休憩を挟んでます
最後だけ60分勉強して終了
(休憩時のタイマー9分、勉強時50分(最後60分))


2、簿記2級問題集正答率(実績)
クレアール支給の問題集を実施予定
全般を1度視聴・例題実施後始める予定
(商業簿記、工業簿記)


3、新規学習内容
新たに学習した用語等を一部紹介します
(1)総合原価計算

“総合原価計算(そうごうげんかけいさん)とは、大量に生産された製品の原価を一括して把握する原価計算手法の一つである。 標準化された製品を大量生産する場合に適しているといえる。

総合原価計算には、工程が単一であるか複数であるかなどにより単純総合原価計算と、組別総合原価計算、工程別総合原価計算などに区分される。

ウイキペディアより引用”

(2)個別原価計算

“個別原価計算(こべつげんかけいさん、英: job-order cost system)とは、1つの製品ごとに原価を集計する原価計算手法の一つである。主にこの手法は、船舶や特注の機械、建設工事など、製造指図書をもとに個別に製造する受注生産で採用される。大量生産には総合原価計算が適用される。

個別原価計算には、製造間接費について部門別計算を行わない単純個別原価計算と、部門別計算を行う部門別個別原価計算とがある。

ウイキペディアより引用”


4、まとめ
今週は工業簿記をメインで勉強しました。
理由は商業簿記の勉強内容に工業簿記の知識が必要となる分野に入っていくからです。
今後も必要なタイミングで商業簿記の勉強に移行するかもしれません。
特に変更することがなければ、来週なかばには工業簿記の講義全52単元視聴が完了する予定です。
現状はひたすら、講義を受け・ノートに書き込み・例題を解く毎日です。
ついていけてるのか怪しいところはありますが、全般の学習を終えたら問題集を本格的に
始めて行き、必要な復習を並行して理解を深めていく予定です。

これからも習慣はそのままに、適度な休憩を入れながら無理なく学習を進めていこうと思います。
あと、どうでも良い話ですが朝早く始めるとお腹空くので、のど飴を買いました。

定期的に学習記録をアップしていきます。

Page Top

ABOUT ME
san-huhu
妻と4歳、2歳、1歳の子を持つ5人家族の30代サラリーマン。 妻との老後資金、子供の教育費等将来の不安を改善する為に、2021年から少しずつ行動を開始。家計管理やライフプランを強化する為に簿記やFP資格取得に向けた勉強をブログにしている。 朝活習慣を重要視しており、現在は朝2時に起床して勉強している。(7時間前後の睡眠時間は維持)