mugi chan
会社員が仕事と子育ての隙間時間で、資格取得を目指すブログ
Uncategorized

買い物で、お金と時間を節約

私が買い物で、お金と時間を節約した方法を紹介します

目次

1、節約方法
2、節約例
3、所要時間を知ろう
4、1kmあたりのガソリン代を知ろう
5、各店舗のガソリン代を計算しよう
6、まとめ

 

1、節約方法

結論から言います。
買い物全体にかかる時間、費用を把握すれば
時間とお金の節約に繋がります。

1つの考え方だと思っていただければ幸いです。

実際に例を使って紹介します。
また、実際の時間、費用算出方法も一部紹介します。

2、節約例
普段行くお店をA店、B店、C店とします。
車を運転して同じお米5kgを買うとします。

お店  米料金
・A店 1400円
・B店 1100円
・C店  900円

ここでわかること
・C店が一番安い

では、買い物全体の費用を追加して
見てみましょう

お店  米料金 ガソリン代 所用時間
・A店 1400円 31円   4分
・B店 1000円 216円   28分
・C店  900円 381円   50分

ここでわかること
・A店が1番高い(1431円)、時間は1番早い(4分)
・B店は1番安い(1216円)、時間は2番目(28分)
・C店は2番目 (1281円)、時間は1番遅い(50分)

B店が1番安くなりましたね。
当たり前のことだと思いますが、
これが見えていれば、わかります。

見えていなければ、わかりません。
費用も駐車代金等、他にもあるかもしれません。

ここで言いたいことは、買い物のレシートの金額が
全てではないということです。

今回はこの見えてない時間、費用の中でも
把握し難い車の往復費用・時間を可視化する
方法を紹介します。

3、所要時間を知ろう
まずは所要時間を調べます。
調べ方は、簡単です。
Googleマップのアプリで自宅から目的地を
検索すると距離、所要時間が表示されます。

 例  距離:所用時間
・A店 0.7km:2分
・B店 4.9km:14分
・C店 8.2km:25分

ただし、これでは片道です
往復の距離(2倍)に変更します。

変更後 距離×2倍:所用時間×2倍
・A店 1.4km :4分
・B店 9.8km :28分
・C店 16.4km :50分

4、1kmあたりのガソリン代を知ろう
各店舗のガソリン代を計算する為、
1kmあたりのガソリン代を調べます

計算式は以下
『走行費用』÷『走行距離』=『1kmあたりのガソリン代』

(1)『走行距離』の調べ方
計算方法
『ガソリン給油時のメーター』-『ガソリン満タン時のメーター』

ア、ガソリン満タン時のメーター
  ※写真、メモで記録(レシートも保管)
   レシートは走行費用の算出に使います

イ、「ア」の走行後、給油時のメーター
  ※写真、メモで記録(レシートも保管)

計算した結果『走行距離』がこちら

「33,549kmー33,350km=199km」

(2)『 走行費用 』の調べ方
走行費用は(1)でかかったガソリン代です
「4,340円」
レシートに全て記載されています

上記の結果をまとめると
・走行距離:199km
・走行費用:4,340円

よって1kmあたりのガソリン代は以下

『 4,340円÷199km=21.8円/km 』

約22円が1kmあたりガソリン代となります。
※ガソリンの値段や車種・走行条件によって変動します

5、各店舗のガソリン代を計算しよう
各店舗へ行く為に必要なガソリン代を計算。
往復距離に1kmあたりのガソリン代約22円をかけます。

 例  往復距離×1kmあたりのガソリン代
・A店 1.4km✖️22円=30.8(約31円)
・B店 9.8km✖️22円=215.6(約216円)
・C店 16.4km✖️22円=380.8(約381円)

これで各店舗のガソリン代が把握できました。

6、まとめ
買い物時間とお金を節約できる方法として以下を紹介しました。

1、節約方法
2、節約例
3、所用時間を知ろう
4、1kmあたりのガソリン代を知ろう
5、各店舗のガソリン代を計算しよう

ガソリン代と所要時間を把握
出来ている方は少ないかと思います。

実際に数字にしてみることで、
思ったより高い、安い、早い、遅い等
見えるものが変わって来ます。

時間、費用どちらを重要視するのかは
人によって異なるかと思います。

みなさんの選択肢が増え、結果として
節約につながれば良いと思いますので
日々の買い物に取り入れてみては
いかがですか。

 

おしまい

 

Page Top

ABOUT ME
san-huhu
妻と4歳、2歳、1歳の子を持つ5人家族の30代サラリーマン。 妻との老後資金、子供の教育費等将来の不安を改善する為に、2021年から少しずつ行動を開始。家計管理やライフプランを強化する為に簿記やFP資格取得に向けた勉強をブログにしている。 朝活習慣を重要視しており、現在は朝2時に起床して勉強している。(7時間前後の睡眠時間は維持)